ダラシンTゲルがヒリヒリする|背中ニキビに使うとしみる原因

背中ニキビに皮膚科でもらったダラシンTゲルを使うとヒリヒリとした痛みがしたり、かぶれたように赤くなるのはなぜ?
こんなダラシンTゲルによるヒリヒリ感や赤みが出てしまう原因を詳しく解説しています。

ダラシンTゲルを背中ニキビに使うと瞬く間にヒリヒリしてしまう...

背中ニキビが気になって跡になるのは嫌だからと皮膚科に行ったのに、もらったダラシンTゲルを使ったらしみるようにヒリヒリして痛くなったり、かぶれたように赤くなることがありますよね。

皮膚科ならしっかり治せるだろうと思っていたのに、まさかこんな状態になってしまうなんて、本当にやりきれない思いでいっぱいでしょう...。

でも、なぜ皮膚科で処方されたダラシンTゲルでヒリヒリと痛みが出たり赤みが出てしまうのか?

ただ単に使い方が悪かっただけなんでしょうか?

ダラシンTゲルを使うとヒリヒリ痛む原因とは?

背中ニキビにダラシンTゲルを塗ると瞬く間にヒリヒリするというのは、あなたの使い方が悪いというわけではありません。

実はこれらの症状は、ダラシンTゲルという塗り薬の副作用だったんです。

ダラシンTゲルは、ニキビの原因であるアクネ菌を殺菌することでニキビを治療する塗り薬なのですが、その強い殺菌成分をあなたの免疫機能が外敵とみなし追い出そうとし、それが炎症となって皮膚に症状が現れるんです。

お肌が炎症すると皮膚が傷付いて弱っている状態ですから、そこに塗りつけていた強い殺菌成分が入り込むことでヒリヒリとしみるような痛みが出てしまうというカラクリ。

まさに傷口に塩を塗り込んでいるようなものですから、塗った瞬間に激しい痛みに襲われるということもあります。

また、ダラシンTゲルの副作用というのは、実はこういったヒリヒリ感だけではないんです...。

使い続けるには他にも危険性がありますから、このまま使っていいのか不安な方はその危険性もしっかりと知った上で判断する必要があります。

スポンサードリンク